現当二世の大利益

 さて成仏とは、決して観念上の気休めではない。事実において、現世には宿命が変わって幸せになり、後生においても大楽を得る。これを現当二世の大利益という。
 現世の生活というのは、誰でも過去世の宿習の影響を強く受ける。生まれながらにして人それぞれに人相・性格の異なるのを見ても、このことはわかる。これが先天的な宿命である。
 ところが、たとえ幸せになるべき福運を持って生まれなかったとしても、ひとたび御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱え奉れば、「現世において其の福報を得ん」の経文のごとく、福運が具わる。そして生命力は強くなり、諸天の守護を得るゆえに、幸福になるのである。いわんや、後生における成仏の大果報はいうまでもない。
 
 しかし人は言うであろう。「死んだ先のことなど、どうしてわかるか」と。
 だが、わかるのである。仏法は観念論ではない。すべて証拠をもって論ずる。成仏とか堕獄ということも、証拠があるのだ。その証拠とは、臨終の相である。
 臨終は人生の総決算である。その人の一生の行為は凝縮されて臨終の相に現われ、同時にその相は未来の果報を示しているのである。この厳然たる法則性を説き切っている教えは仏法以外にはない。
 大聖人は妙法尼御前御返事に
 「日蓮幼少の時より仏法を学し候いしが、念願すらく、人の寿命は無常なり(中略)されば先ず臨終の事を習うて後に他事を習うべしと思いて、一代聖教の論師・人師の書釈あらあら勘へ集めて、此れを明鏡として一切の諸人の死する時と、並びに臨終の後とに引き向へて見候へば、少しもくもりなし。此の人は地獄に堕ち給う乃至人・天とは見へて候を……」と示されている。
 では、地獄に堕ちる相とはどのようなものかといえば、死後、遺体が黒色を呈するのを「堕獄の相」という。
 中国の真言宗の元祖・善無畏三蔵は法華経を誹謗して地獄に堕ちたといわれるが、大聖人はその証拠を、臨終の相を以て判じておられる。
 「善無畏三蔵は(中略)死する時は『黒皮隠々として骨甚だ露わる』と申して、無間地獄の前相を其の死骨に顕わし給いぬ。人死して後 色の黒きは地獄に堕つとは、一代聖教に定むる所なり」(神国王御書)と。
 また千日尼御前御返事には
 「人は臨終の時、地獄に堕つる者は黒色となる上、其の身重き事千引の石の如し。善人は設い七尺・八尺の女人なれども、色黒き者なれども、臨終に色変じて白色となる、又軽き事鵞毛の如し、やわらかなる事兜羅綿の如し」と。
 大聖人の指南はまことに克明である。地獄に堕ちる者は臨終ののち、身体全体が黒くなるうえ、遺体が異常に重くなる。一方、成仏の者は、たとえ生前色が黒くとも、死してのち色が白くなり、その遺体は軽く、かつ柔かい――と仰せられる。
 成仏と堕獄だけではない。宇宙法界の衆生は「十界」といってその境界にしたがって、地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界の十種があるが、そのいずれに生ずるかは、すべて臨終の相にあらわれるのである。
 そして一生の行為の善悪には、世法上と仏法上の二つがあるが、世法の善悪よりも、仏法上の善悪のほうが、臨終に強い影響を与える。
 たとえば、世法における最大の悪行は殺人であるが、この悪行よりも、謗法といって正しい仏法を謗る罪はなお重いのである。殺人は堕地獄の因ではあるが、他人を殺すだけでは通常の地獄には堕ちても、無間地獄には堕ちない。ただ父母を殺したときは無間地獄に堕ちる。しかしその期間も一中劫(三億二千万年)といわれる。ところが謗法は無間地獄に堕ちて、その期間は実に「展転して無数劫」(法華経譬喩品)と説かれている。
 無間地獄とは、同じ地獄でも最大の苦痛ある地獄で、言語を絶する激痛が間断なく襲うから「無間」というのである。この無間地獄の大苦について大聖人は法蓮抄に
 「彼の臨終の大苦をこそ堪忍すべしともおぼへざりしに、無間の苦は尚百千億倍なり。人間にして鈍刀をもて爪をはなち、鋸をもて頸をきられ、炭火の上を歩ばせ、棘に籠められなんどせし人の苦を、この苦にたとへば数ならず」
 ――臨終の大苦すら耐えられぬほどなのに、無間地獄の大苦はその百千億倍である。この世のあらゆる拷問すら、この大苦に比べればものの数ではない――と仰せられる。
 死後の堕獄など信じないという人は、生命が三世にわたることを知らないだけだ。しかし、臨終の相にそれが現われることを知れば、誰がこの厳然の証拠を否定できようか。
 死は生命の消滅ではない、有相が無相になるという存在形態の変化にすぎない。有相が無相になり、無相はまた有相になる。これが生死なのだ。この生死を繰り返しつつ宇宙とともに生命は常住する。もしこの生命の永遠を知れば、真に求めるべきは成仏であり、真に恐るべきは堕獄なのである。
 ここに日蓮大聖人は、三大秘法をもって全人類を成仏せしめ、無間地獄の道を塞ぎ給うたのである。これより大なる慈悲はない。ゆえに報恩抄には
 「日本 乃至 漢土(中国)・月氏(インド)・一閻浮提(世界)に、人ごとに有智・無智をきらはず、一同に他事をすてて南無妙法蓮華経と唱ふべし。此の事いまだひろまらず、一閻浮提の内に仏滅後二千二百二十五年が間一人も唱へず、日蓮一人南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経等と声も惜しまず唱ふるなり。(中略)日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外未来までもながるべし。日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり。無間地獄の道をふさぎぬ」と。
 日蓮大聖人ただ御一人が唱え始められた南無妙法蓮華経は、日本に広宣流布したのち、中国・インド・全世界へと広まり尽未来際まで流れる。その功徳はまさしく一切衆生を成仏せしめ、無間地獄の道を塞ぎ給うものである。まさに凡夫の思慮もおよばぬ昿大の慈悲といわねばならない。

Copyright (C) 2004 冨士大石寺顕正会本部 All Rights Reserved